介護施設での独立を応援するサービス【ゴーゴーカイゴー】

大手看板を利用し独立

経営支援や独立支援サービスの一環として介護業界へのFC加盟があり、一定の加盟金を支払うことによって簡単に申し込むことが出来ます。そこで一般的な介護業界のFCに申し込む場合には、一体どれくらいの加盟金が必要になってくるのか説明をしていきます。 多くの会社では加盟金として100万円前後必要なことが多く、これを支払えば原則介護施設のFCに加盟することが出来ます。加盟をすることでその介護ブランドの社名を名乗ることが出来るため、その後に本格的に業務を行うことが出来るようになります。なのでFCに加盟する場合には約100万円の費用が必要となり、この費用については現金一括で用意する必要があることが多いのが特徴です。

介護施設のFCに加盟することによって自分もそのブランドを入手出来るため、経営者として独立をする方が年々増えています。そこでこの介護施設へのFCサービスについて、具体的にどのような特徴があるのかを紹介します。 FCに加盟することによってただブランドが得られるだけでなく、色んな開業支援サービスを受けることが出来るようになります。例えば実際に介護施設で働くための予備研修やスタッフの人材サポートなどがあり、これらのサービスを利用することが出来ます。FCに申し込む際の加盟金にはこういった教育費も含まれており、申し込んだ者の特典としてこういったサービスや支援を受けることが可能になります。よって介護施設のFCに加盟することにより、予備研修やスタッフ教育などの経営支援を無料で受けることが出来るようになります。

  • 差別化を測る道具

    マッサージベッドは主にエステや整骨院で使用されることが多い。しかし、介護施設でも差別化を測るためマッサージベッドを導入している。これも現在の介護施設の経営戦略の一つである。

    ▶もっと読む

  • 介護だけが仕事でない

    介護施設では、施設利用者の管理や社員の一日の仕事のスケジュールや業務報告管理に手間をとってしまいがちです。介護ソフトを使用することで全ての業務を管理することができ仕事もはかどります。

    ▶もっと読む

  • 民間はサービスが良い

    少子高齢化に伴い有料老人ホームも沢山で、受け入れてくれる施設を探すのも大変です。そのため、優良老人ホームというのが最近は開設されて安心して任せることができるようになってきています。

    ▶もっと読む

  • 機能性を考えて選ぶ

    高齢者が職員を一目で判断しやすいよう、介護施設での介護服は必要なものです。近年は通販を利用して注文することもできますから、ネットを使って激安商品を探してください。

    ▶もっと読む