差別化を測る道具 | 介護施設での独立を応援するサービス【ゴーゴーカイゴー】

介護施設での独立を応援するサービス【ゴーゴーカイゴー】

差別化を測る道具

マッサージベッドの需要

我々の生活の中で、自然と数多くのシーンで出会うのがマッサージベッドだ。医療、美容、介護、慰安等々で様々な用途、シーンで活用されている。最近では、介護施設での需要が拡大している。介護施設の通所型では、静養室の設置が義務である。静養室が無い施設はそもそも開業する事があ出来ない。しかし、これ以外で通所介護ではマッサージベッドを導入する動きが活発になって来ている。通所介護は、高齢化に伴い施設数の増加が著しい。その中で他施設と差別化を図る為に、リハビリ特化型やレクリエーションメインなどの特色が求められている。リハビリ特化型においては、比較的手の出しやすいジャンルと言う事も有り急増中だ。そんな中、個別のリハビリを整形外科で理学療法士が行う様な形で行う施設が増えだして来た。

今後のアイテムへの需要拡大

特色を出し、そこから更に差別化を図ると言うと新たな投資が必要になる。先に述べた通所介護の個別リハビリでは、実際に理学療法士が従事しており個別にリハビリを提供する施設が増えだした。その施設はリハビリ特化型に更に差別化要素を盛り込む事に成功し、集客に大成功している。理学療法士が配置出来なくても、按摩マッサージ師や柔道整復師などを配置し、マッサージベッドを導入して、差別化を図る事は決して難しい事では無い。従業員を雇っても、マッサージベッドがなくては始まらない。そう、投資対象の雑多易的条件に、マッサージベッドが有るのだ。このアイテムは様々な用途で使う事が出来、応用が効くのが特徴の一つだ。通所介護に限らず、戦略的にマッサージベッドを導入し、集客に結びつける差別化を図る事は効率的で効果的だ。